姫路市 生前整理/エコポケット

エコポケット
フリーダイヤル0000-000-000
インターネット無料見積り24時間受付中!!

作業実績作業実績

トップ > 作業実績

遺品整理のやり方

 

こんにちは!

エコポケットブログ担当の木戸です。

 

 

もう11月も後半になりました。朝晩は本当に冷え込みますよね。

この季節から風邪などひきやすくなってくるので、体調管理に気を付けて仕事に臨んでいきたいと思います。

 

 

今回はご親族や御友人などの大切な方が亡くなった際の対処方法をいくつか書いていこうと思います。

自分の身の周りの方が亡くなってしまうと、本当に何をすればよいのか分からなくなることがあるかと思います。

人が亡くなると、その人の気持ちを整理・処分するために遺品整理を行う必要があります。

 

 

・遺品整理・

遺品整理は荷物の整理をするだけでなく、遺族の気持ちを整理するためにも大切なことです。

遺品整理とは、故人の残したものを整理することをいいます。

遺品整理では、故人の荷物から遺産相続の対象となるものを除き、保管・処分・譲渡などを行います。

遺品整理を実施する時期に期限はないため、急ぐ必要はありませんが、ご自身の状況に合わせて、葬儀後の落ち着いた時期や、魂が成仏するとされる四十九日を目安に始めるのも良いかと思います。

ただし、故人が住んでいた家が賃貸であった場合、早急に遺品を整理して明け渡さなければいけません。

 

日記や手帳手紙・預金通帳などは必要になることもあるので保管しておき、その他の家具等の家財道具は福祉施設に送られたり、書籍などは地域の図書館や学校などに寄贈されることもあります。

貴重品や思い出の品などは直接遺族に引き渡されることが多いです。

遺言書などもあるかどうか確認しましょう。

きちんとした書式・手続きで書かれていれば法的な効力を持ち、最重要視されます。

そのため、遺品の整理に関しての記述があるかどうかの確認が必要となります。

法的効力がない書式であっても、故人の遺志を尊重するために、遺言書を確認しましょう。

また、何を処分して何を残すか迷って分からない場合、ひとまず故人との思い出の品を残しておくとよいでしょう。

正しい判断がつかず、保管スペースの問題もありますが、出来ればしっかりと判断がつくまで残しておくようにしましょう。

 

また、故人と親しくしていた方と、今後連絡をとる必要があるかもしれません。

その時連絡先が分かるように、手帳や手紙はなるべく残しておきましょう。

携帯電話などのデータも読み取れる間にパソコンへ移すか、印刷しておくことをオススメします。

 

 

・形見分けでのトラブル・

形見分けとは、生前にお世話になった方に遺品を譲渡するものですが、その際に宝飾品類や高価な衣類などを誰が引き取るのかという問題でトラブルが起きやすいようです。

市場価値のあるものは全て遺産相続の範囲に入るという判例があるので、厳密には勝手に決めていいものではありません。

 

 

少子高齢化・核家族を背景に、独居老人の孤独死が社会問題化されており、家具や生活用品が大量に残された状態で亡くなった場合、残された遺族には遺品の整理と処分が負担となるケースもあります。

その他の残った引き取り手のつかないもの、あるいは財産としての処分を行うことも出来ないものもあります。

 

エコポケットでは、引き取り手のつかないものや、処分にお困りのものなども全て、弊社が処分・買取並びに、自社グループでの貿易で海外に送ることで、現地の方に喜んで頂き、有効活用して頂いております。

御相談だけでも構いません。

疑問に思ったことや、気になる点などございましたらお気軽に弊社エコポケットまでご連絡下さい。

 

 

 

 
pagetop
兵庫県エリアのお困りごとは「エコポケット」にお任せ下さい。